女性特有の病気は治療で完治できる|乳癌も早期発見で治せる

侵襲の程度が軽減する

看護師

がん治療といえば、臓器の全部または、一部をがん(悪性腫瘍)を切除することを思い出しますが、もっと身体に負担をかけない治療方法もあるので、セカンドオピニオン制度も利用して、納得のいく治療法を選択することをお勧めします。

もっと読む

医療の発展

病院

近年医療が進歩しているため、様々な治療法で癌を治すことができるようになりました。中でも、手術や麻酔が必要なく、入院もいらないサイバーナイフといった画期的な治療法もあります。対応できるガンの種類はまだ少ないですが、これからより増えてくると考えられます。

もっと読む

切除しないやりかた

バスト

放射線を活用

女性特有の癌であり、若い世代でもおかされることが多いものが乳癌です。この病気におかされてしまうと命の危険もありますが、女性にとってとても重要な乳房を切除するかしないかの選択を迫られることになり、できるだけ早期に発見するための検診の受診を世界的な規模で推進しています。乳癌の治療は技術がどんどん進んでおり、いろいろなやり方から選ぶことができるようになってきています。その方法の中でも人気が高いのが放射線による治療です。放射線を利用すると乳房を切除することがないために見た目に分かりにくいことと手術後早い段階で日常生活に復帰することができるのが大きなメリットになります。このため、乳癌治療の方法として選択する人が多いです。

医師の判断を

乳癌を治療していくのはとても難しいものですが、最近ではできるだけ患者さんの意向を受け入れながら治療をしていくようになっています。乳房についても切除しなくてはいけなくなってしまったら、治療が完了した後で再建をするということも行われるようになってきています。若いうちは転移のリスクも高まり、また進行度合いも癌の種類によって異なります。専門医の判断を仰ぎながらどのように治していくのかを考えるのがとても大切です。また、1つの医師の判断だけではどうしても不安であるという人はセカンドオピニオンも聞いてみるのがよいです。病院によっても治療するやり方が変わってくるためにいろいろな方法を知って選択をすると間違いがないです。

がん治療に革命を

男の人

人間が本来持つ免疫を高めることにより、がん細胞と闘う方法として注目を集めるのが「免疫療法」です。即効性はないものの、効いたら長く効く方法であり、本当に薬でガンが治療出来るための方法であるとして期待されます。

もっと読む